ヘアードネーション 髪を寄付する方法・寄付を受ける方法

ヘアードネーション 髪を寄付する方法・寄付を受ける方法

ヘアードネーションとはなんでしょうか。

 

癌や頭髪の悩みを持つ人のために髪を寄付するヘアードネーションですが、有名人の方が寄付したとはなしをした小林真央さんも長い切った時に寄付すればよかったとお話していましたが、最近話題になってますね。

 

 

ヘアドネーションとは

病気や闘病の過程で髪を失った人達に、医療用かつらを提供するという活動です。

 

髪を寄付する方法・送り先

 

日本でもNPO法人のジャーダックさんが活動されております。こちらではお子さん用の医療用ウィッグを作られているとのこと。

 

寄付したいと思った人は公式サイトを確認してください。

 

髪の長さは31cm以上で、髪の束ねて必要事項に記入して送るだけです。

 

髪の送り方 ポイント

  • 31cm以上の長さがあること
  • 完全に乾かしてあること
  • 切り口をゴム(輪ゴムも可)でしっかり束ね、同じ人の髪をまとめてあること

 

JHDAC(ジャーダック:Japan Hair Donation&Charity)公式サイトはこちら

 

お子様で医療用ウィッグが必要な方もこちらで受け付けています。
18歳以下なら申し込むことが可能です。

 

ONE WIG申し込み方法はこちらへ

スポンサーリンク

page top